大坂城ホール

イベントやライブコンサート、スポーツ、展示会、式典etc~大阪城ホール~

大阪城ホールは、1983年大阪城公園に、大阪21世紀計画の幕開けイベント「大阪築城400年まつり」の
メインイベント会場として、総工費106億円(当時)をかけて建設されました。
大阪城天守閣の北東約500mに位置し、緑と濠に囲まれた中に、だ円形のドーム屋根がひときわ目立つ建物です。

 大阪城公園内の建物ということで、周囲の美観をそこなわないように、いろいろな配慮がほどこされています。
ドーム屋根を大阪城の石垣より25m低くおさえ、ホール建物の周囲を大阪城の石垣と同じ花こう岩約22,000個を
使っているなど、"自然と調和した建築美"が特徴です。

駅からホールまで徒歩約5分で、その道幅は20m、全長300mの直線道で両側には石積みの上に土盛りし
黒松並木が並ぶ遊歩道になっています。

遊歩道の突き当たりのホール北玄関前には、直径20mの円形噴水池と、その中央に高さ26mのモニュメント照明塔が
立っています。照明塔のポール・照明器とも12面体で、夜間照明はもちろん昼間もキラキラ輝いています。
コンサートの時、待ち合わせに多く利用されるのがこの噴水前です。


大坂城ホールの詳しい情報はコチラ